レビュー

「ダイソンが重くて後悔した人へ」最安9800円!アイリスオーヤマ掃除機の実力は?

 

「ダイソンのコードレスクリーナー」、一度は憧れた方も多いのではないでしょうか?

私もダイソンV6から猛烈に虜になり、何度も購入を検討しました。ですが結局デメリットの方が上回り、それからコードレス掃除機に迷うこと数年。

先日ようやく希望の一品、アイリスオーヤマのコードレス掃除機極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC8-Wを購入しました。

体力低下で、重たい掃除機を持って掃除が出来ない主婦の私が「アイリスオーヤマのSLDC8」を3か月使用した感想を書いてみます。

 

この記事の内容「SLDC8」を使ったメリット、デメリット
についたゴミは取れるか?
ダイソンと「価格、重さ、バッテリー比較」
公式サイト・アマゾンの価格比較
スポンサーリンク

■アイリスオーヤマ「極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC8」の特徴

まずはアイリスが、IC-SLDC8(以下SLDC8)の売りとして押している箇所をまとめてみました。

 

・付属品一覧

段ボールに入っている本体と説明書、それに25枚(約1年分)の紙パック。

最初から紙パックが同梱なのが嬉しい気遣い。

■アイリスオーヤマ 「IC-SLDC8」を使って良かった点

・2リットルのペットボトルより軽い1.2キロの掃除機

私が掃除機に求めるのはとにかく「軽量」
これはキャニスター掃除機にも言えることなんですが、女性は重たい掃除機を掛けていると、数分で手首や二の腕が疲れてきます。

私の場合、体調を崩してからは重たいモノが持てなくなったので、掃除機を選ぶ点で「軽量」は大切なポイント。

スティッククリーナーの場合、重心が上か下のどちらかに付いています。

上記の画像のように、下に重心が付いているハンディの掃除機を店頭で試してみましたが、腕に掛かる負担が重く感じます。

その点、SLDC8のように上に重心があるタイプの方が掃除機もスイスイ進み、使いやすいです。

 

・階段を履くときは更に短くして便利

「SLDC8」を購入したもう一つの主な目的、それは階段の掃除。キャニスターの掃除機ではどうしても持ち運びが大変!

その点「SLDC8」は、間の棒を取り短く持つことが出来、楽に階段の掃除ができます。かがんで細かなゴミを見ながら吸い取れるのも便利!

 

・清潔感のある紙パックは、小さなホコリも逃さない

私がもう一つ掃除機で譲れないのは「紙パックタイプ」です。サイクロンも使ったことがあるのですが、ゴミ箱に捨てるときにどうしても粉塵が舞い上がる感じが気になりました。

その点「SLDC8」は紙パック式。出し入れは粉塵の出口に取り付けるだけ。


↑開閉はとてもスムーズ


↑粉塵の出口に挟むだけの簡単使用


↑キャニスター掃除機の紙パックのように、袋のセット方向を考えることもありません。

 

・優秀なホコリセンサー

以前ホコリセンサー付きの掃除機を使っていたとき、あまり反応が良くなかったので、今回もホコリセンサーには特に期待していませんでした。

ですが「SLDC8」は確実にホコリセンサーが反応していました。


↑「自動」のボタンでホコリを感知。赤と緑のランプで切り替わります。

 

・ダストピックアップ率99%の評価



↑アイリスオーヤマでの実験画像。

「SLDC8」のボタンには「自動」「標準・ターボ」があります。上記の実験画像のようにサイドのゴミを取る場合は「標準・ターボ」ならキレイに吸い取れます。

「自動モード」の時は、サイドのゴミを感知しないことがあるので、ここは惜しいところです。

 

・動物の毛は絡みづらい

うちは毛足の長いチワワがいるので、ヘッド部分に回転ローラーが付いてるタイプは絶対NG!毛や髪の毛が絡みついて、逆にヘッドの掃除に時間がかかります。

以下は各社のヘッドです。左:三菱の純正ヘッド、中:アイリス、右:ショップチャンネル

三菱の掃除機は、とにかく毛が絡んでとてもストレスになってましたが、ショップチャンネルで購入した掃除機用ノズルに付け替える事で解消されました。

アイリスの「SLDC8」は吸い込み口も比較的広いので、ペットの毛は絡み辛いです。

 

■アイリスオーヤマ 「IC-SLDC8」を使って気になった点

・ベッドなど布についたゴミは取り辛い

上記では、ペットの毛は絡みづらいと書きましたが、ちょっと気になるのが以下の点。

床の粉末状のゴミは取りやすいのですが、黄色の矢印部分に吸い込み切れなかった髪の毛が付着します。それでベッドなど布の上を履いてしまうと、そのゴミが布に移ります。

なので「SLDC8」は床専用として使ったほうが無難です。

 

・ターボ運転はダイソン並みにうるさい

ダイソンも使ってみると、モーター音が結構うるさいですよね。「SLDC8」は自動、標準モードの音はさほど気になりませんが、ターボ運転にすると途端に音量が大きくなります。

なので、余程ほこりが多い時以外は、ターボ運転は使いたくないですね。

 

■ダイソンと比較してみた(値段、重さ、充電時間)

アイリスオーヤマ 「IC-SLDC8」ダイソン「V10」
値段¥9,800円¥43,000
重さ1.2キロ2.58キロ
充電時間3時間3.5時間
使用可能時間30分60分

値段、重さは圧倒的にアイリスの「SLDC8」が優れています。

使用可能時間ですが、メインで掃除するなら60分は欲しいところ。

私のように階段やちょっと気になるところを掃除するなら30分もあれば十分です

ちなみにダイソンでは「60分も使用できない」という口コミもあります。実際に家で使ってみない事には分からない事も多いですね。

 

■公式サイトとアマゾン、どちらがお得?

公式アイリスオーヤマアマゾン
価格¥9,800¥9,980
ポイント107ポイント100ポイント
支払い金額¥9,693¥9,880

(いずれも税抜き)

私は普段はアマゾンで購入するのですが、アイリスオーヤマの製品は公式サイトを利用しています。

アイリス公式サイト利用の訳年末年始などアマゾンには無い大幅な値引きがある
アウトレットセールがある
掃除機のゴミパックが「送料無料」

 

アマゾンには季節や月末などにセールが開催されたり、常時アウトレットも開催さいれています。

特にアウトレットには「あの商品が?」というような人気商品が驚きの価格で掲載されるので、私もついいつもチェックしてしまいます。

もう一つ大きな理由、それは紙パックの購入です。掃除機を購入した時に一年分ついてきますが、予備は欲しいモノです。アイリスの公式サイトならいつでも送料が0円。

アマゾンだと「2000円以上購入で送料無料」なので、どうしても他にムダ遣いをしてしまいますよね。と言う感じで、公式サイトでの購入がお得です。

・アイリスオーヤマの掃除機一覧はこちら
極細軽量スティッククリーナー IC-SLDC8-W

ということで、今回はアイリスオーヤマ 「IC-SLDC8」を実際に使用した感想を書いてみました。

重いダイソンの掃除機でウンザリしている主婦の方、ぜひ参考にしてみてくださいね